理化学関連機器

 

現在、各分野において、より高純度の試薬が要求されています。特に無機酸の純度が重要視されていますが、これは分析試料の溶解や他の化学的操作、特に半導体関連においても、その必要性は顕著であります。
市販の高純度の無機酸は微量分析には満足でも、超微量分析には適当ではないようです。そこで本装置は高純度の試薬を沸騰させることなく、赤外線輻射により表面を蒸発させること(非沸騰式)で、超高純度の試薬を得るものです。

仕 様

●蒸留釜容量:約800ml
●受器容量 :約500ml(テフロン瓶)
●蒸留量  :約600ml/Hr(水の場合)
●接液部  :テフロン(R)
●対象試薬 :フッ化水素酸、及び各種酸
●安全機能 :断水時ヒーター断
●サイス  :357(W)×225(D)×147(H)㎜

分析表

B Na Mg Al K Ca Cr Fe Ni Cu Zn Ba Pb
31 28 10 1.8 58 20 0.6 5 4 3 38 4 0.3
ミリポア社製を原水として使用(単位:PPT)